ティケハウのダイビング旅行・情報なら、海外ツアーの専門店「旅工房」へ

奇跡が起きる青い海 ランギロア島
守りたくなる、美しい海
ティケハウ イメージ

ピンクのコーラルサンドと美しいグラデーションの海を持つティケハウ島。
素朴な自然が色濃く残るこの島には、生命力に満ちた海が広がっています。
幅約100mもあるパスでの大迫力ダイビングや、ボートの上からマンタを探して潜るファーム、多くのサメを観察できるシャークホールなど、他のポイントはひと味違うダイビングが魅力です。
ティケハウのダイビングで最も有名なポイントは「トゥヘイアバ・パス」。
潮の流れに乗るドリフトダイビングが基本スタイルのトゥヘイアバ・パス、そのパスに集まるたくさんの魚と大物たちはもちろんダイバーたちを裏切りません。
囲まれるようなギンガメアジや熱帯魚の大群、優雅に泳ぐマンタやイソマグロ、生命の力強さを感じるような出会いが待っているでしょう。時期によってはクジラも訪れるティケハウ島、ぜひ神秘的なダイビングをお楽しみください。


ダイビングスポット ツアモツ諸島
トゥヘイアバ・パス

生命力に満ちた生き物たち

ティケハウで最も有名であり、最もダイナミックなダイビングを楽しめるポイントです。外洋からエントリーし、環礁内に抜けるドリフトダイビングが基本スタイル。魚影の濃さはどんなダイバーでも納得するほどで、透明度の高い海がさらに迫力を感じさせます。小さな熱帯魚から、ギンガメアジやイソマグロ、バラクーダなどの大きな魚まで、どんな魚も群れを成して海の中を遊泳し、時には魚の群れに囲まれるような体験ができるかもしれません。珊瑚に隠れるマクロ生物探しや、サメやマンタなどの大物たちとの出会いも楽しめる、大変豊かなスタイルが魅力のポイントです。


シャークホール

海の王者「サメ」に出会う

大物を狙うダイバーたちが愛してやまない、海の王者「サメ」。シャークホールは、名前の通り何十匹ものサメに出会えるダイビングポイントで、迫力ある海の世界を楽しめます。シャークホールのサメたちは、人を襲わないおとなしい性格のため、間近で観察できるのも特徴。水深20mからはじまる垂直のドロップオフには、手つかずの美しいサンゴも息づき、深さによって様々な魚影を見ることができるでしょう。透明度が高いため、海中深くにまで太陽光が届き、真っ青に輝く海に包まれながらのダイビングを堪能できます。


ファーム

優雅にマンタが舞う

広大な海を優雅に舞う姿が美しい「マンタ」。ファームは数多くのマンタが集まるダイビングポイントです。マンタ狙いのダイビングでは海の中でじっと待機することも多いですが、こちらのポイントではボートの上からマンタの姿を探します。水深5~10mほどの浅瀬には、マンタが体についた寄生虫を取り除く「クリーニングステーション」と呼ばれるエリアがいくつかあり、ダイバーたちはこれらのエリアをホッピングしながらマンタを探すのです。美しいティケハウの海でマンタと共に泳ぐ、貴重な体験をお楽しみください。


ベストシーズン ベストシーズンの表

※12月~3月は高温多湿の夏に該当しますが、環状珊瑚島のティケハウ島の降雨量はタヒチ全体の平均より極めて少ないのが特徴です。

旅工房ダイビングスタッフのコメント
ヤドカリ
ワクワクと驚きの連続…

未知なイメージのあるティケハウのダイビングでしたが、潜った瞬間からティケハウの海の魅力を肌で感じることができました。ファームでマンタをボートの上から探したり、トゥヘイアバパスで魚の大群に囲まれたり、今までの海とは全く異なる体験ができることに、経験豊かなダイバーでも驚いていただけるのではないでしょうか。手つかずの自然が残るティケハウの海に生きる生き物たちだからこそ持つ生命力を感じたり、まだまだ未知な海であるからこそ持つ驚きの発見であったり、そんなワクワクが詰まったダイビングを体験できます。そのため、大物狙いのダイバーや好奇心に満ちたダイバーに人気があるようです。また、パスの流れはランギロアのティプタパスよりも穏やかなエリアもあり、ビギナーのダイバーにもおすすめ。ハネムーンで久しぶりにダイビングするという方でも、十分にお楽しみいただけるティケハウダイビングです!


ティケハウ島ダイビングツアー一覧
ページの先頭へ戻る

ORDER MADE オーダーメイド・お問い合わせはこちらから

※印は必須項目です お名前※
メールアドレス※
お電話番号
ご出発地※
ご要望・質問など※ ご出発日、ご旅行期間、ご希望ホテル等のご希望をご記入ください